Football

柏レイソル2019シーズンJ2優勝!1年でJ1復帰!

柏レイソル1年で居るべき場所へ。J2優勝でJ1昇格

2018年11月24日(土)ヤンマースタジアム長居でC大阪に0-3と快勝するもJ2降格が決まる。日本代表、海外移籍ができる能力がある選手を抱えながらの降格。

サポーターはこの日の試合終了後の静寂したあの雰囲気を忘れない。

あれから1年。ネルシーニョ、井原と2009年の降格事と同じ体制で迎えた2019シーズン。レイソルはいるべき場所のJ1に戻るための1年がスタート。

勝利後のインタビューでもネルシーニョは話していたが、10年前のJ2とはレベルが格段と上がり、決して順調なスタートを切れた訳では無かった。

4連勝からスタートし2連敗。その後も中々勝ちを得られずもがき苦しむレイソル。それでも夏の補強をしっかりとした上で、夏場に11連勝し首位になると、そこからその座を奪われる事はなかった。

そして2019年11月16日(土)レイソルサポーター、レイソルに関わる人達が目指していた目標を達成する。

2019年11月16日(土)VS FC町田ゼルビア

アウェイの地町田市立陸上競技場には2000人ものアウェイサポーターが駆けつける。スタジアムのほぼ半分をレイソルサポが埋め尽くす。これは2006年の昇格を決める湘南戦を彷彿とさせる雰囲気。DAZNで見ていてもその熱は伝わってくる。

オルンガ・染谷不在で考えられるベストメンバー

J2では規格外のオルンガが代表招集。DF染谷が累積警告と主力が2人不在の中での試合となりましたが、その中で考えられるベストメンバーで臨みます。

右サイドのマテウス・サヴィオの加入も大きく、クリス不在事にもしっかりと結果を残し後半戦の戦力として活躍。今回のオルンガの穴を十分に埋めてくれます。

試合開始5分で2点リード

試合は開始早々から動きます。まずは開始2分にフリーキックを弾かれ、こぼれてきたボールをミドルシュート。おさえが効いたシュートはそのままゴールに転がり先制点となります。

そのすぐ後5分で追加点が生まれます。ショートコーナーはサヴィオから瀬川へ、瀬川から川口へと渡り、そこからファーに向かってセンターリング。山下が競り勝ったボールはゴール前のクリスに繋がり、ヘディングシュートが決まります。

開始5分で追加点を取ったレイソル。沢山足を運んだサポーターが作り出すまるでホームの様な雰囲気の中、勢いつく事となります。実力でも差があり、この2得点は町田にとっては痛い失点。そのまま試合は動かず前半終了となります。

後半の追加点。そして町田の前に立ちはだかる守護神「中村航輔」

後半も15分にレイソルは追加点を奪います。レイソルのカウンター。左サイドからサヴィオがゴール前へボールを蹴ると、右サイドをあがっていたクリスがゴール前へ。何もチャンスも無かった所からヘディングシュート。

一度はキーパーに弾かれバーに当たりますが、そのボールは再びクリスの前に戻ってきて、再度シュート。難なく3点目を奪います。

その後も江坂のヘディングなど惜しいシュートありながら攻めるレイソル。

守備に関しては日本代表に返り咲いた守護神「中村航輔」が魅せます。

実況の方が実況できないほどの反応を見せ、もはやJ2では反則級の動き。その他のディフェンス陣の集中した守りで、スコアはそのまま0-3で試合終了。J2優勝と1年でのJ1昇格が決まります。

やはり優勝は気持ちいい。

試合後のセレモニーを見て、カテゴリーは違えどやはり優勝は気持ちいい。と感じるひとときでした。皆が笑顔で、選手たちも「ホッとした」とコメントを残す様に、多くのプレッシャーと共に過ごしてきていたのでしょう。この日の為に一丸となり結果を残す。最高の瞬間だったと思います。

クリスの顔が凄い!

そんな選手の想いが垣間見える瞬間がこちら。ネルシーニョの勝利インタビューの時に、クリス含めたブラジル人選手が入り込み水をネルシーニョにかけます。

かけ終わった後にペットボトルを投げつけるクリスの顔。やり遂げた喜びや、一時的にも解放されてテンションがマックス。見ていて喜びが溢れている場面ですね。

でもこれ下手したら心臓麻痺起こすんじゃないですか???

何と言ってもサポーターの存在は大きい

昇格を決める試合とは言え、ここまでの人数がアウェイに集まるというのは凄い事ですよね。良くも悪くも選手と距離が近いのもレイソルと言えるのではないでしょうか。

観客席に飛び込む選手達。チーム一丸となって戦ってきた証です。試合はまだ1試合残っています。そしてカテゴリーはまだJ2。レイソルはACL優勝が最終目標。J2へ落ちた事がまず問題であり、その部分は反省し2度と同じ事を繰り返してはなりません。

今日の皆の笑顔を次はJ1で。簡単ではないですが目指しましょう。

ひとまずJ2優勝を噛み締めましょう。

おまけ

10年前の第一次ネルシーニョ体制似て初勝利を収めた2009年第22節VS浦和レッズ戦の試合動画をお楽しみ下さい。若き日の田中順也、大津祐樹はじめ、ポポやフランサを見ることが出来ます。