Football

サンガスタジアムが亀岡に誕生!京都サンガF.Cの新ホームスタジアム

京都亀岡にサンガスタジアム誕生!関西に加った魅力的なスタジアム

サンガスタジアム柿落とし

2020年2月9日(日)京都亀岡でサンガスタジアムにて柿落としゲームマッチ。京都サンガF.C対C大阪の試合観戦に行ってきました。

吹田スタジアム以来の新しいスタジアム。交通アクセスは京都駅からJR嵯峨野線に乗り換えます。

JR嵯峨野線乗り換え通路には写真のように出迎えるPOPが。自然に気持ちも昂ります。

京都駅からの乗り換え通路に多くのコインロッカーがありますので、アウェイなどの遠征サポはこちらを利用するのが良いでしょう。

ここで気をつけないといけないのはズバリ「トイレ」
あまり大きくはないので、ここに来る前に済ませる方が良いでしょう。

いざ亀岡駅へ

亀岡駅までは普通電車で約30分。快速で20分程です。暫くすると見えてくる景色は、山、川ばかり。京都とは言えだいぶ田舎に向かっていきます。

車窓から見える景色はこんな感じ。途中のトンネルなどでは電波も入らない場所も出てきます。この先に本当にスタジアムがあるのか??

先ほどの期待が不安に変わりながら電車は進みます。

山、川を通り、トンネルを抜けると今度は一面田園風景が目に飛び込んできます。新しいスタジアムを作るには、土地がない限りこの様な場所しかないと痛感。京都から数十分で全く異なる風景となります。

それでも電車からサンガスタジアムが見えてくると、やはりテンションは上がります。こんな駅から近いスタジアムは、鳥栖のスタジアム位ではないでしょうか。

亀岡駅到着

さぁ着きました亀岡駅。それ程大きな駅ではありませんが、目の前にスタジアムが見えるだけ、どんな駅よりも興奮します。

改札を抜け、スタジアムに向かう階段を降りると、沢山の京都サンガの横断幕が皆を出迎え、サポであれば興奮を隠せないでしょう。

駅を降りると見えるのは‥

ここはどこだ??降りるとまず思う程の風景。まだ何もありません‥これから開発されていくのでしょうが、それにしても何もない‥

これ駅前のロータリーです‥

信号機だけがやたら目立ちますね。まだまだこれからの駅前ですがスタジアムがここにあれば、言うことは無しです。

工事中の場所も多く、まだまだこれからなのでしょう。目の前に見えるスタジアムが最高です。

スタジアムに着く前にスタグルイベントが行われていました。スペースも多くあるので、今後のイベントも楽しみですね。

いよいよスタジアム前まで到着

目の前にスタジアムが現れたが、入るまでに‥

駅から歩きわずか5分程でここまで来ました。吹田スタジアムにも近い外観で、サポの方もここまで来れば気分も上がるでしょう。

スタジアムを上空から見た形をモチーフにしたのでしょうか、この前で写真を撮る方が多くいました。

京都から離れた亀岡は、気温が全く違います。この日は非常に寒かったのですが、スタジアムやイベントがあれば、そんな事何ともありません。いよいよスタジアムに入れる!と言う気持ちで歩くスピードも自然と速まっていきます。

しかし、ここで驚くべき真実が!

入場までの行列が半端ない!

えっ??どこまで続いているの??

せっかくスタジアムまでは5分ほどで来られたのに、入るまでに30分はかかりそうな行列‥まぁリーグが始まれば、ここまで人が来ることは稀でしょうが、日本代表などの試合が開催される場合は、この入場時の行列を事前に知っているかどうかで大きく気持ちが変わるはずです。

ちなみに今回はホームゴール裏自由席でしたので、指定席であれば少しは違うかも知れません。

バスケットゴールやボルダリング施設まで

並んでいたおかげで知ったこともありました。サンガスタジアムは、試合観戦以外にも、バスケットゴールがあったり、ボルダリング施設も併設されており、試合の日以外でも楽しめる仕様になっていました。

これはヨーロッパのスタジアムなどでよく見られる作りです。常日頃からスタジアムに足を運んでもらう。羨ましいスタジアムです。

その他にも飲食店、グッツ売り場、イベントスペースなど取り入れられています。

並びながら施設を見学。そうこうしているうちにやっとスタジアム内に入っていきます。

外壁は最近の流行?

近くで見ると圧巻です。ホームスタジアムがこの様な新しくなるのは、他サポからしても羨ましい限りです。

よく見ると壁面には木の板が使われています。

これは、先日行ってきた新国立競技場でも同じ様に使われていました。

見た目は非常に美しいですが、素朴な疑問で腐ったりしないんでしょうか??交換したりするのにコストがかかりそうな気はします。

とは言え、サンガスタジアムはあくまでも外壁だけでしたので、新国立競技場程手間はかからないと思いますが、外観も綺麗なスタジアムになっています。

2020年1月1日天皇杯決勝!新国立競技場に行ってわかったこと2020年1月1日天皇杯決勝。ヴィッセル神戸対鹿島アントラーズは新国立競技場にて対決。新しいスタジアムの紹介と共に試合観戦してきた感想を書き留めておきます。...

そしてスタジアム内

いよいよ入場。目に飛び込んでくる青空と緑のグラウンド。そしてクラブカラーで統一されたパープルのベンチ。一言「最高」ですよね。

これが自分たちのスタジアムだなんて羨ましい限り!まずはぐるりとスタジアムを一周します。吹田スタジアムと同じ様に一周出来ますが、アウェイユニフォームなど来ていると制限がかかりますのでご注意。

スタジアム内360度動画

スタジアム内の360度動画です。スマホの場合はYouTubeアプリを利用することで、スタジアム全体を見られる動画を体感出来ます。

控えめに言っても最高なスタジアム

ホーム側の様子。

こんな感じでグラウンドに水が撒かれます。芝もきれい。

屋根があるのが良いんですよね。この日も少し雨が振りましたが、全く濡れずにすみました。

さっそくチュンソン(李忠成)がメインでレイアウトされています。どこに行っても盛り上げますね!

モニターなんかも付いていて、ここは本当に日本なのか??と思えるスタジアム内です。

ホームゴール裏はぎっしり。シーズン前のプレーオフを楽しみに待っている感じです。

セレッソサポも大勢駆けつけてました。そりゃ来年に長居にも新しいスタジアムができるし、関西圏のスタジアムは充実してきましたね。

アウェイゴール裏からはこんな感じです。

試合結果はセレッソの勝利

2020Jリーグプレシーズンマッチ
2020.2.9 (日)14:00 サンガスタジアム by KYOCERA
京都サンガF.C 2 – 3 セレッソ大阪

記念すべき初ゴールはセレッソ大阪の坂元選手。記録に残るゴールを決められて良かったですね。試合も最後まで白熱した試合となりました。京都サンガも勝ちたかったでしょうが、J1相手でロティーナ監督2年目のセレッソは強かったです。

京都サンガも選手がだいぶ入替り、監督も変わった事ですから善戦したと思える試合でした。入場者数も17938人と杮落としに相応しい試合だったのではないでしょうか。

試合終了前にスタジアムをあとに

試合も白熱していましたが、電車の込み具合が想像できなかったので、試合終了前にスタジアムを後にしました。

タイミングよく電車には乗れましたが、電車から見たスタジアムには溢れんばかりの人の列が見えました。Twitterなどで見ると、それでもそんなには遅れずに、スムーズに電車に乗れたとありましたが実際どうだったのでしょうか。

日本代表戦などでは同じ様に混雑が予想されるので、試合終了前にスタジアムを出ることをおすすめします。J2の試合では、流石にそこまで人は入らないでしょうから、それほど慌てなくても混まずに帰れるのではないでしょうか。

そうなると益々魅力的なスタジアムになりますね。

まとめ

以上が京都亀岡に出来た新しいスタジアムの参考記事となります。要点をまとめると

  • トイレはJR嵯峨野線に入る前に済ます。
  • スタジアムに入る前にコンビニはない。食料は近くのイオンで。
  • スタジアム内にも飲食店は沢山ある。
  • 日本代表戦クラスの試合の場合は早めにスタジアムを出る。

こんなところでしょうかね。駅からスタジアムまで屋根付き歩道でも作れば、雨が降っていても濡れないスタジアムにもなりそうです。最高のスタジアムへ是非足を運んで下さい。

アクセス

・JR嵯峨野山陰線「亀岡駅」から徒歩約3分
・京阪京都交通直行臨時バス「阪急桂駅東口」→「京都スタジアム」バス停下車すぐ
・京阪京都交通バス2系統「京都駅前」→「桂駅東口」→「JR亀岡駅南口」バス停下車徒歩約5分

〒621-0804 京都府亀岡市追分町 GoogleMap